皮膚科診療

かぶれ(接触皮膚炎)について

かぶれとは

皮膚に直接触れたものが原因で起こる炎症や湿疹をかぶれ(接触皮膚炎)といいます。

かぶれの原因

かぶれには、刺激性とアレルギー性の2種類があります。刺激性のかぶれは原因物質と接触してから割と早い時期に発症し、皮膚炎は接触部位に限られます。痒みは強くありません。初めて接触した物質で起こります。アレルギー性のかぶれは痒みが強く、接触部位に皮膚炎が発症します。通常は初めて接触した物質では起こりません。

かぶれを起こしやすいものとしては、パーマ・毛染め、化粧品、ピアス・時計・ネックレス(金属アレルギー)、マンゴー、うるし、毛虫、草花・花粉、ほこり・ハウスダスト、日光(紫外線)等の他に、職業上起こしやすいものとしてプールに入っている塩素、洗剤、セメント、ゴム手袋などが挙げられます。

かぶれの症状

かぶれは、原因物質が触れた部分に赤み(紅斑)やブツブツ(丘疹)、小水疱などを生じます。刺激を受けた部分の境界がはっきりとわかるのが特徴で、かゆみも伴います。

かぶれの検査

かぶれは、皮膚を診察して判断します。

かぶれの診断

症状と病歴や職業、趣味、日常生活、皮膚炎発症の前日に行ったことなどを問診で聴取して原因物質を推測し、皮膚を診察して診断します。

かぶれの治療

治療の基本は、刺激となったものを排除することです。炎症やかゆみを抑えるためにステロイド外用剤と内服薬(抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬)を処方します。

かぶれの日常生活の注意点

原因物質が特定できれば、なるべく避けて代替品を使うようにします。

かゆみが増すので運動、サウナ、長風呂、アルコール、香辛料、ストレス、睡眠不足、発汗などを避けます。原因物質に触れると、皮膚炎を繰り返します。繰り返すうちに、皮膚炎の症状はひどくなりますので、早めに受診しましょう。