皮膚科診療

じんましん(蕁麻疹)について

じんましんとは

じんましんは比較的よくある病気で、15~20%の人は一生のうちに一度は経験するといわれています。皮膚の一部が突然に赤くくっきりと盛り上がり(膨疹)、しばらくすると跡かたなく消えてしまうのが特徴です。

じんましんの原因

じんましんの原因としては、身の回りのさまざまなものが考えられ、よく知られている食べ物以外にも、薬、ストレス、入浴や運動などによる発汗、機械的擦過や、圧迫、寒冷、温熱、日光、振動などといった、物理的刺激もじんましんを引き起こすことがあります。また、原因を特定できないことも多くあります。

食べ物ではサバ、マグロ、エビ、カニなどの魚介類、肉類、卵、乳製品、小麦などの穀類、野菜などがあります。

1ヶ月以上毎日、繰り返す蕁麻疹に対して、内蔵の病気の反映と思う方は多いようですが、大部分の蕁麻疹は、内蔵の病気とは関係が無く、いくら詳しく調べても、ほとんど原因が明らかになる事はありません。

じんましんの検査

アレルギーの血液検査で、判定する事ができます。ただ、この検査が陽性であっても、それらが全て蕁麻疹の原因とは限らないので、最終的には臨床症状やそれまでの経過で合わせて判断をします。

じんましんの診断

診断はじんましんが出た状況の聴取(問診)が主になります。じんましんの出る状況や持続時間、皮疹の症状で判断します。

じんましんの治療

先ずは原因や悪化因子を取り除く、または避けるようにします。次に薬物療法で、内服薬の抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬を処方します。

じんましんの日常生活の注意点

過度の飲酒、生活上のストレス、不規則な生活、疲労、睡眠不足などは、じんましんを悪化させることがありますので、十分ご注意ください。じんましんの約9割は1ヶ月以内には治まります。 しかし、なかには慢性化して数か月、数年と長く続く場合もあります。繰り返し現れる場合は早めに受診しましょう。